緑内障

緑内障とは

緑内障は日本における失明原因第1位の病気です。
視神経に異常が起こり、目で見た情報がうまく脳に伝わらなくなることで、画像をうまく認識できなくなり視力や視野に障害が起こる病気です。
厚生労働省研究班によると、患者数も非常に多く40歳以上では20人に1人の割合で発症するという報告もあります。
また、同研究班の調査では症状に気づかずにいた人が8割を占めていたことも分かり、より早期発見と早期治療が必要とされております。

緑内障視野欠損のイメージ

  • 初期
  • 中期
  • 後期

実際の緑内障では、見えないところを黒く自覚することはほとんどない場合が多く、眼に霞がかったような感覚を感じることが多いです。

緑内障の症状

慢性緑内障

慢性緑内障は異常に気づいたときにはかなり進行していることも少なくありません。典型的な症状として、視野の一部が見えなくなる視野欠損がありますが、普段私たちは両目を使って見ているために片方の眼に見えない部分があっても、もう片方の眼がカバーしてしまうため、視野の異常に気づかないことが多いのです。
しかし、一度失われた視力は元に戻すことはできません。
早期発見し、できるだけ早いうちに治療を開始し、病気の進行を遅らせることが非常に重要となります。

急性緑内障

急性緑内障は眼圧が著しく上昇することで発症し、眼痛や充血、目のかすみの他に頭痛や吐き気などの激しい症状が見られます。
急性緑内症は早期に眼圧を下げる治療を行えば、ほぼ元の状態に回復します。ですが、治療が遅れると失明の可能性もあります。
眼圧の上昇により、頭痛と吐き気を感じることがあり、眼の疾患だと気づかず内科に通院を続け、治療が遅れたという例もあります。
目の充血とかすみを伴う頭痛や吐き気を感じた場合は、一度眼科で検査を受けることをお勧めします。

当院での緑内障治療

最新の設備で早期発見とフォローアップに力を入れております

TOPCON社 OCT-2000

TOPCON社 OCT-2000

先にも述べたように、緑内障により一度失われた視力は元に戻すことはできません。そのため早期発見がとても重要になります。
当院は、緑内障の早期発見と経過観測を円滑に行うためOCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計)を導入しています。
OCTは近赤外光線を用いて網膜、視神経乳頭、角膜の断層撮影を行う検査機器です。
従来の診察や眼底写真からでは分かりにくかった網膜の状態が5ミクロン単位まで解析でき、網膜の病気に対する治療方針の決定や治療効果の判定に役立てることができます。
OCTが有用とされる代表的な疾患は、糖尿病黄斑浮腫、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫、加齢性黄斑変性症、緑内障など多岐にわたります。
当院が導入しているTOPCON社の最新OCTでは、網膜断層撮影のほかに視神経乳頭の形態や視神経乳頭周囲の網膜神経線維層の解析が可能であり、緑内障の早期発見から治療後の経過観察まで、大いに役立ております。

カールツァイス社 ハンフリー視野計

カールツァイス社 ハンフリー視野計

慢性緑内障は自覚症状が殆ど感じられない内に、視野の中で見えづらい部分が広がっていきます。
従って、視野検査は緑内障の診療の中で最も重要な検査のひとつと言えます。
ハンフリー視野計は日本国内及び世界中で65000台以上導入されている標準的な緑内障視野検査装置で、ハンフリー視野計での視野検査データは国内の大学病院などや外国の医療機関に転院しても、共有することが可能です。

先進医療認定施設による最新白内障手術

オルソケラトロジー

横浜鶴見中央眼科

230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央1-2-4

TEL:045-508-1017
鶴見駅東口すぐ横

診療時間

  • 午前
    9:30~13:00
  • 午後
    14:30~18:00
    (土日、祝日休診)
  • SLT緑内障レーザー治療
  • オルソケラトロジー
  • 近視進行抑制点眼(マイオピン)
  • 医院案内
  • 医師紹介
  • 最新医療機器
pagetop