網膜疾患

眼底出血

眼底出血とは

眼底出血とは、網膜周辺にある毛細血管や動脈がもろくなる、または詰まることなどにより眼底のどこかの部位が出血してしまった場合の症状の事を言います。
一般的に眼底出血という疾患名があるわけではなく、他の眼精疾患で網膜や硝子体から出血してしまった場合に「眼底出血が起こっている」というように使われます。

眼底出血の症状

眼底出血の症状では、少しずつ出血している場合には飛蚊症のように目の前を黒いクズが飛んでいるように見える症状がでたり視力低下などが起こります。
出血量が増えてくると視野が欠け、ものが歪んで見えたり色覚異常を起こしたりする事もあります。
事故などの衝撃を受けて出血した場合には、先述の症状がすぐあらわれるので気づきやすいですが、糖尿病などの疾患が原因で、少しずつ出血が起きている場合には気づきにくい事もあります。

網膜剥離

網膜剥離とは

網膜とは目の奥(眼底)にある組織で、カメラで言えばフィルムに相当する器官になり、ものを見るために大変重要な役割を担っています。
網膜剥離とは、その眼底にある網膜がはがれることで視力が低下する病気です。
網膜の剥がれは痛みを伴わず、症状に気が付きにくいものですが、前兆として飛蚊症が起こることもあります。
また、網膜の中心部である黄斑部分まで剥がれた場合は急激に視力が低下し、最悪の場合失明に至る恐れもあります。

網膜剥離の治療

網膜に裂け目ができている場合

網膜にできた裂け目を塞ぐ処置には「光凝固法」という治療法があります。
瞳孔から網膜の穴にレーザーを照射して焼き付けます。
この処置をおこなうと、網膜の裂け目とその周辺組織が癒着して網膜がはがれることを阻止することができます。

網膜がはがれている場合

すでに網膜剥離が確認できる場合は、剥がれてしまった網膜を正しく固定する必要があります。 そのための手術には、硝子体手術や強膜バックリング法などがあり、網膜剥離の症状に応じて対応が異なります。

早期発見のために

網膜剥離は、治療が早ければ早いほど視力への影響が少ないので、早期発見と速やかな治療が大切です。
目の前を黒いクズがちらつく(飛蚊症の症状)、暗いところで急に雷のような光が見えることがある(光視症)、急に視力が低下した、という症状を感じた場合は眼科にて検診を受けましょう。

黄斑変性症

黄斑変性症とは

日本における失明原因の多くは緑内障と糖尿病性網膜症ですが、近年50代以上の男性に黄斑変性症が急増しています。

黄斑変性症の症状

黄斑変性症は、見ようとするものがゆがんだり、 中心部がぼやけることで視界が狭くなる病気です。
両方の目で見ると気にならず、症状が進行してから気が付くことも多く、検査は必ず片目づつ行います。
眼底の網膜から出血が多い場合、見え辛くなる範囲が大きくなり、さらに進行すると視力が低下して失明に至ります。

黄斑変性症の治療

黄斑変性症の治療法で現在最も有効とされているのは抗血管新生薬による薬物療法です。
ルセンティスという薬剤を直接眼内に注入し、新生血管に作用させることで退縮させ病変を改善させる治療です。
導入期では月1回ルセンティスを白眼の部分から眼の中心の硝子体に向けて注射します。
その後の維持期は、眼の診察や検査で症状をみながら必要に応じて注射します。
検査は必要に応じて月1回、視力検査と眼底検査、患部の光干渉断層撮影等を行い病変部の変化と視機能の変化を検査します。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症とは文字通り糖尿病が原因となり、網膜が障害を受けて視力が低下する病気です。
糖尿病網膜症は、糖尿病神経症、糖尿病腎症と並んで糖尿病の三大合併症といわれてます。早期の治療と定期的な検診を行えば病気の進行を抑えることができます。
糖尿病網膜症は糖尿病の進行とともに症状が変化します。

初期

初期のころは自覚症状がみられません。
しかし、眼底の検査をおこなうと少量の眼底出血など以上が確認できます。

中期

中期を迎えると視界のかすみなどの症状があらわれます。
また、眼球の毛細血管や動脈の詰まりなどの障害が起こります。

末期

末期になると視力低下や飛蚊症が起こり、病状が進行すると失明に至ることもあります。
目の中で大きな出血が起こる、あるいは網膜剥離や緑内障など他の病気を併発している場合があります。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症は完全に治すことのできない病気で、治療は症状の悪化を防ぐために行われます。
糖尿病の治療と同じように血糖値のコントロールをすることはもちろんですが、網膜剥離の手術と同じようにレーザー治療、外科手術などを行います。
糖尿病網膜症は自覚症状が出てからでは治療の範囲が限られてしまいます。
糖尿病の診断を受けた方は、自覚症状がなくても眼科を受診して目の健康状態を定期的に調べる必要があります。

当院では早期発見に有効な検査機器OCT(光干渉断層計)を導入しております。

これら網膜疾患の検査のために、当院は光干渉断層計(Optical Coherence Tomography)を導入しております。
OCTは糖尿病黄斑浮腫、黄斑円孔、黄斑前膜、黄斑浮腫、加齢性黄斑変性症、緑内障など様々な疾患の早期発見と詳細な経過観察を可能にします。

必要に応じてレーザー光凝固術による迅速な治療が可能です。

眼底出血、糖尿病網膜症、網膜裂孔や円孔に対しては必要に応じてレーザー光凝固治療を行います。
レーザー治療はメスや器具で直接目に傷を入れる手術もなく入院の必要もありません。

先進医療認定施設による最新白内障手術

オルソケラトロジー

横浜鶴見中央眼科

230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央1-2-4

TEL:045-508-1017
鶴見駅東口すぐ横

診療時間

  • 午前
    9:30~13:00
  • 午後
    14:30~18:00
    (土日、祝日休診)
  • SLT緑内障レーザー治療
  • オルソケラトロジー
  • 近視進行抑制点眼(マイオピン)
  • 医院案内
  • 医師紹介
  • 最新医療機器
pagetop