白内障

白内障とは

白内障とは
人間の目の中にはカメラに例えるとレンズに当たる水晶体という部分があり、水晶体が濁ってくる病気を総じて白内障と呼びます。

白内障の多くは加齢によるものが原因で、老人性白内障ともいわれています。

老人性白内障は白内障患者の7割以上を占めますが、他にも先天性や外傷性、アトピー、糖尿病など代謝性の病気、薬剤や放射線による白内障もあります。

白内障になると、見にくい、かすみ、ぼやけ、まぶしさなどの症状がでますが、症状は徐々に進行するのもが多く自覚症状がなく症状が進んでから来院される方がほとんどです。

当院での白内障治療

手術が必要な場合でも当院で日帰り白内障手術が受けられます

手術が必要ではない場合

白内障の程度が軽度の場合は点眼による治療を行いながら経過観察を行います。

普段の生活に支障がなければすぐに手術をする必要はありません。 ただし、点眼薬で水晶体の濁りをなくすことはできません。 白内障があることが分かったら、定期的に受診しましょう。

手術が必要な場合

当院で日帰り白内障手術を行います。白内障手術は極めて安全性の高い手術の一つと言われていますが、手術である以上100%安全ということはあり得ません。

当院では最新の設備導入や細やかなケアを行い、安全性最優先の手術・治療に取り組んでおります。

    → 日帰り白内障手術に関して詳しくはこちら
眼内レンズも手術手法も選べる時代です

横浜鶴見中央眼科で使用している眼内レンズについて

横浜鶴見中央眼科では、単焦点レンズから遠近両用眼内レンズ~3焦点眼レンズまで、患者様のニーズに合ったレンズ選択をして頂けます。

→ 3焦点眼内レンズに関して詳しくはこちら

レーザー白内障手術について

2017年7月より、横浜鶴見中央眼科では世界レベルの白内障手術を行う事になりました。最新のレーザー白内障手術を採用しております。

→ レーザー白内障手術に関して詳しくはこちら

白内障手術について

白内障手術は極めて安全性の高い手術の一つ

白内障の手術は、濁ってしまった水晶体を手術により取り出し、人工の眼内レンズを入れる手術です。一旦にごってしまった水晶体を元の状態に戻すにはこの方法しか無く、点眼薬での治療は濁りを取り除くのではなく白内障の進行を遅らせる治療です。

白内障手術は手術の中でも確立された術式により、極めて安全性が高い手術の一つと言えます。ですが100%安全というわけでは無く、そのために当院では最新設備の導入、細やかな術前術後のケアに注力し、安全性を最優先にし白内障手術及び治療に取り組んでおります。

インフォームドコンセントを実施し、手術を受ける患者さまご自身にしっかりと手術の内容、術前や術後の流れやケアのこと、詳細に説明しております。 手術を受けることでのリスクについてもちゃんと理解して頂けるようご説明致します。 ご不明なことが少しでもあれば、医師やスタッフにおたずねください。

白内障手術の流れ

  • STEP.1
    初診

    最新機器で白内障の症状を診察。手術の必要性を確認。
  • STEP.2
    面談

    カウンセリングで不安や心配を解消します。
  • STEP.3
    術前検査

    手術をより安全で、的確に行うための詳細な検査を行います。
  • STEP.4
    説明会

    担当医師が手術工程についてご理解頂けるまでご説明します。

STEP.5 手術及び手術直後の回復と説明
手術当日 手術時間10分から20分程度(患者さんの目の状態によります)

手術は切開してから約10~15分程度で終わります。手術室に入ってからの所要時間は約15~25分程度。手術には点眼式の局所麻酔を使用し、痛みはありません。

STEP.6 定期検査術後

回復するまで、きちんとケア。合併症のリスクを最小限に抑えます。決められた頻度で定期検査を受けていただきます。

先進医療認定施設による最新白内障手術

オルソケラトロジー

横浜鶴見中央眼科

230-0051
神奈川県横浜市鶴見区
鶴見中央1-2-4

TEL:045-508-1017
鶴見駅東口すぐ横

診療時間

  • 午前
    9:30~13:00
  • 午後
    14:30~18:00
    (土日、祝日休診)
  • SLT緑内障レーザー治療
  • オルソケラトロジー
  • 近視進行抑制点眼(マイオピン)
  • 医院案内
  • 医師紹介
  • 最新医療機器
pagetop